スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝鼻オーナーにインタビュー「東京ドーム屋根外し天然芝にが巨人の理想」

20060929_60.jpg

巨人・滝鼻卓雄オーナーがインタビューに答え、今季の敗因分析などを中心に幅広く語った。同オーナーはこの中で、故障者が相次いだ原因のひとつとして、東京ドームの人工芝を指摘。屋根のない天然芝の球場を本拠地の理想とする見解を示した。また、チーム再建のためスカウト陣の強化を訴えたほか、今季限りで退団の意向を表明した桑田真澄投手の「メモリアルゲーム」についても明かした。
 ―今年の最大の敗因はけが人だと思います。オーナーの考えは?
「主力選手のけがが大きな原因を占めているのは間違いない。投手でいえば、4月のはじめにローテーション投手の高橋尚が抜けて、その次に上原でしょ。前から爆弾は持っているとしても、ヒサノリとほぼ同時期に離れた。野手はキャプテンの小久保。打撃や守備もそうだけど、ナインの精神的柱だったからね。ヨシノブはダイビングでけがをした。いずれもチームの軸になる選手が、相次いで、時を同じくして離脱した。だれも予想していない事態だった。1年を通して1人か2人はあるけど、この状況はまったく考えていなかった。誤算というよりはなんていうのかね。誤算以上の誤算なのかね。一番大きな痛手だった」
 ―大きな連敗もあった。
「先発ローテ投手が2人不在で阿部の離脱もあった。ヨシノブ、小久保、阿部と主軸3人がいなくなった。8、10、9連敗と長期連敗が3つあった。これを追いつくのは大変だよ。これが一番大きい。惨敗の原因であることは間違いない」
 ―けが人といえば、東京ドームの人工芝にも問題がある?
「芝がかたくなっているのは、開幕前に数人の選手から話があった。故障と芝生の科学的な因果関係はわからないが、ひとつの要因であることは間違いない。(6月に)緊急工事をして柔軟性のあるものにしたが、東京ドームに対しては屋根を外せ、天然芝にしろ、と言いたいぐらいだね。球宴前、監督と会った時に『試合前に走らせたいが外野に土がない』という要望があったので、今は近所の公園で走っている。それも応急措置なんだけど」
 ―東京ドームはイベントも多い。
「試合の合間合間にイベントをやるでしょ。コンサートとかね。早く練習に来た選手に聞いた時にコンサートの翌日は白い空気が下にたなびいていると言っていた。ものすごく空気が悪いとね。プレーボールの時は消えているけど、練習の時に空気が白濁しているという。前夜の余韻だよね。何とかならないか、と言われたよ。東京ドームに聞いたらそんなことはないというが、選手が言うんだから。ジャイアンツのゲームの前日にイベントやって跳んだりはねたりしたら、芝がおかしくなる」
 ―来季、けが人を減らすにはどうすればいい?
「毎日のトレーニング、故障に強い体をつくる。それしかない。巨人はいつも注目され、プレッシャーを受ける。同じようなミスをやっても新聞、テレビで目立つ。それは巨人の宿命。体力的にも他の球団より強じんな肉体をつくらないといけない。それには練習量しかない。環境づくりはお金をかければできるけど、それ以上に必要なのは、選手個人個人が、オレはジャイアンツの選手なんだ、途中で休むことがあったらだめなんだ、一歩でも二歩でも他の選手より先に成長し練習を多くするんだ、そういう自覚を持ってもらいたい」
 ―精神面の強化も必要。
「そう。神経の太い選手でなければつとまらない。プレッシャーに弱くては困る。そういうことを若手の選手に望むし、育成をする首脳陣にも強く希望します。それに耐えられないような選手はジャイアンツから去ってもらうしかない。素材がよくても、強い肉体と強い精神を持たないと、ジャイアンツにいることはできないんだ、と自覚してもらいたい」
 ―そういう選手を作るためには?
「やはりスカウトの力が大きい。スカウトは観察力を強化しなければいけない。お金がある、人気がある、ということに、長い間安住し過ぎていたために、向こうからやってくるだろうと思っていたんじゃないかな。今はそれでは通用しない。自分で探してコツコツ全国くまなく歩いて、いい人材を見つける努力をしないと。スカウトは365日やらなければだめだろう。強化するためには入れ替えをやると思うよ」
 ―桑田問題について。
「桑田が巨人をやめたいっていうんだから、彼の意思は尊重する。あのあと間接的だけど、桑田のほうから『オーナーにおわびします』という連絡はあったよ。監督にも言ったんじゃないかな。ホームページに書くのはいいけど、その前に一言ないといけない」
 ―“メモリアルゲーム”の話も耳にしますが。
「最後のメモリアルに出るか出ないかということでは『桑田はAクラス入りがかかるときに、私が出ていいんですか』という言い方をしている。それはその通りでね。だから、そういうことが関係ないような状況になったら、メモリアルでもいいかな。巨人で173勝したピッチャーは最近ではそういないよ。それが退団する時に何もないのは寂しいじゃないか」
 ―もう一人の大物、工藤に関しては?
「工藤は3勝してるからね。工藤のことはまったく白紙で、それは監督、コーチ、フロントに任せている。工藤はまだ野球がやりたいんだろうなあ。野球小僧がそのまま大人になったような感じだからね。それを首脳陣がどう評価するかということに尽きる。ここで私が軽々に言うと、話だけが独り歩きするので」
 ◆滝鼻 卓雄(たきはな・たくお)1939年8月14日生まれ。東京都出身。67歳。慶大法学部卒。63年読売新聞社入社。90年社会部長兼法務室長。96年総務局長。98年取締役社長室長。2002年グループ本社取締役、東京本社専務取締役総務・広報担当。03年東京本社取締役副社長・編集主幹。04年1月、東京本社代表取締役社長・編集主幹。同年8月13日に巨人軍オーナーに就任した。
 ◆米メジャーの球場変遷 1965年、メジャーで初めての屋内球場となるアストロドームが完成したが、天然芝が育たず、翌66年に人工芝が導入された。これがメジャー初の人工芝球場となった。その後、89年に世界初の開閉式人工芝ドーム球場、ブルージェイズのスカイドームが完成するまで、最大11球団が人工芝を使用していた。
が、人工芝と選手の故障の頻度との間に因果関係があるとの指摘を専門家から受けるなど、問題となり、92年にオリオールズが屋外で天然芝のオールドスタイル・カムデンヤーズ球場をオープンさせ、これを機に人工芝の球場を本拠地としていたパイレーツ、レッズ、フィリーズなどがオールドスタイルの球場を造り始めた。98年には、「史上最高の傑作」と言われた、開閉式天然芝ドームの球場を、ダイヤモンドバックスが建設(バンクワン・ボールパーク=現チェイス・フィールド)。マリナーズ、ブルワーズもこれに倣い、現在、メジャーの人工芝球場はブルージェイズ、ツインズ、デビルレイズの3つだけとなっている。
スポンサーサイト

首相指名、郵政反対組も「雪崩」 無所属勢、事前に確認

20060925.jpg

昨年の郵政政局で自民党離党を余儀なくされた「郵政反対組」の無所属衆院議員13人のうち、欠席した野呂田芳成氏を除く12人が、26日の首相指名で安倍氏に投票した。もともと安倍氏に近い野田聖子氏や古屋圭司氏をはじめ、ベテランの堀内光雄氏や保利耕輔氏らで、それぞれ自民党復党への期待をにじませた。
 12人は首相指名に先立つこの日昼、衆院議員会館の一室に集まり、「一致して安倍さんに投票しよう」と確認した。
 平沼赳夫元経産相は衆院本会議後、安倍氏に投票した理由を「全く政治信条が変わらない」と記者団に説明した。さらに「いろいろ曲折があると思うが、正しい保守の政治を確立するため、話し合いが進んでいくのではないか」と述べ、首相指名をきっかけに復党に向けた折衝が進むことへの期待を隠さなかった。
 一方、同じ郵政反対組でも、国民新党と新党日本でつくる会派に所属する衆参両院議員10人のうち9人は、国民新党の綿貫民輔代表に投票した。だが、新党日本の荒井広幸幹事長は安倍氏に投票し、対応が乱れた。

国内最大規模の徳山ダム、水ためる「試験湛水」始まる

20060925_1.jpg

国内最大の貯水量となる徳山ダム(岐阜県揖斐川町)で実際に水をためる「試験湛水」が始まった。1年余りをかけて、6億6000万トンの水をためる。安全性などを確認したうえで、08年春には本格運用が始まる予定。水利用の見通しが立たないなど課題も抱えたダム事業は、完成に向け最終段階に入った。
排水トンネルが閉ざされ徳山ダムに水がたまり始めた=25日午前9時26分、岐阜県揖斐川町で
 治水、利水、発電を兼ねる多目的ダム。河口から90キロ上流で揖斐川をせき止める。
 この日は、川の水をダム本体から迂回させていた排水トンネルの閉鎖作業が午前7時から行われ、ダム本体が水をせき止めるように切り替えられた。旧徳山村の集落跡を水没させながら、1年余り後には、ほぼ満水に達する予定だ。
 ダム本体は高さ161メートル、長さ427メートル。満水時の貯水量は60年に完成した奥只見ダム(新潟県魚沼市)の6億100万トンを抜いて日本一となる。
 建設主体は水資源機構(旧・水資源開発公団)。3353億円の事業費は、国と岐阜、愛知、三重の3県、名古屋市、電力事業者が負担する。
 建設が構想されたのは57年。水力発電用のダムとして考えられた。利水、治水機能も含めた多目的ダムとして76年に事業実施計画が認可された。
 ダムにより中心部が水没する旧徳山村の村民は、全466世帯約1500人が集団移転。87年に村は廃村となった。
 その後、水道用水の水余りが顕著になり、自治体側は相次いで水利権を返上、当初毎秒15トンあった利水容量は最終的に6.6トンとなった。水利用は、今も関係自治体の間で具体的な計画がなく問題となっている。
 地元の反対派住民が事業認定の取り消しなどを求めて訴訟を起こしたが03年の岐阜地裁判決、06年の名古屋高裁での控訴審判決とも、原告の主張は退けられた。

桑田退団、200勝へ現役続行…メジャーも視野

010011.jpg

巨人・桑田真澄投手が今季限りでの退団を決意し、自身のホームページ(HP)で発表した。プロ21年目の今季、4月13日の広島戦で通算173勝目を挙げたが、4月末からは故障もあり2軍での調整が続いていた。若手投手が台頭する中、巨人では登板機会がないと自ら判断。だが、あと27勝と迫っている200勝の目標は捨てておらず、現役続行を希望。今後は日米を問わず移籍先を探すことになる。 巨人のエースナンバーが最も似合う男が、そのユニホームを脱ぐ。21年間応援してくれたファンへの感謝から、発表は異例の形となった。この日、桑田は午前中、通常通りジャイアンツ球場で練習。午後になって、自身のHP「LIFE IS ART18」で「お別れ 友へ」と題するエッセーをアップさせた。
 「明日、ジャイアンツのユニホームでマウンドに立つのは、おそらく最後になるだろう。21年間、大きく育てていただいた、ジャイアンツに心より感謝している」登板予定の24日、イースタン・湘南戦(G球場)が、「巨人・桑田」のラスト登板となることを、自ら明かした。
 今季、桑田は「実力至上主義」の競争に勝ち抜き、開幕ローテ入り。4月13日の広島戦(東京ドーム)では600日ぶりとなる通算173勝目を挙げた。だが、その日の走塁中に右足首をねん挫し、同27日の広島戦(広島)では3回途中6失点KO。同29日には1軍登録を抹消され、リハビリが続いた。6月には完治し、2軍で実戦調整をしてきたが、原監督が視察した8月21日の同ヤクルト戦(東京ドーム)では左腰の違和感を訴え2回途中降板。昇格は果たせなかった。
 現在、G投は内海、西村、姜ら若い力の台頭が目覚ましく、秋季キャンプでも若手の底上げが重要テーマとなっている。桑田はこの現状に「このままでは来季、登板機会はない」と自ら判断を下した。さらに、あと27勝に迫った200勝は入団以来の大目標。現在は肩、ひじなど投手として致命的な故障もなく、達成への意欲は失われていない。現役続行への強い意志が、退団の結論につながっていった。移籍先は白紙の状態だが、今後球団と相談の上、日米を問わず探していく。
 HPでの発表を優先したのは「最後の登板になることを、ファンに知らせておきたかったから。テレビの放送もないし、遠くから来てくれる人もいるかもしれない」と説明。10月10日には思い出を刻んだ東京ドームで今季最終戦が行われるが「今年、1軍でほとんど投げることができなかった。(右ひじ手術後の)苦しいリハビリに励んだジャイアンツ球場の方が、最後にふさわしい」との思いもある。万感の思いを胸に、巨人の18番を背負い続けた男が、惜別のマウンドを迎える。

堂上外せば、ドラ11番目

20060921_2.jpg

今年で2年目を迎える「分離ドラフト」。大学生・社会人組とは分離して、高校生ドラフトは25日に東京都内で行われる。各球団は1巡目候補の絞り込みを急ピッチで進めている。駒大苫小牧・田中将大投手、愛工大名電・堂上直倫遊撃手と投打に大物はいるが、競合リスクを抱える。“外れ1巡目”を誰にするかが、指名戦略の大きなポイントになる。
 二者択一を迫られているのが巨人。1巡目指名は駒苫・田中が最有力だったが、ここへきて堂上の評価が急上昇してきた。野手の高齢化が進んでいるうえに、観客動員の低迷、巨人戦のテレビの視聴率低下もあって、全試合出場可能な“生え抜き”野手の育成が急務となっているからだ。山下スカウト部長は「ウチには若い野手が少ないし、全体的なバランスを考えたら…」と話し、堂上指名に傾いている。原辰徳監督を交えた会議で最終決定する。
 巨人が田中で勝負した場合は日本ハム、楽天、オリックス、横浜を加えた最大5球団の競合が予想され、堂上を指名した場合でも既に1巡目を決定している中日、阪神との計3球団の争いになる。一方、中日は堂上の抽選に負けるとウエーバー指名順は11番目。“外れ1巡目”では後ろに回され、苦しい立場にたつ。
 広島はPL学園・前田健太投手の単独1巡目指名を目指していたが、ロッテが参戦に動いた。今春センバツの真岡工戦で毎回の16奪三振をマークし、高校の先輩・桑田(現巨人)の再来と呼ばれる逸材だ。
 甲子園不出場組では最高の逸材だという鷲宮の増渕竜義投手も西武を筆頭に、ヤクルト、横浜の1巡目指名が濃厚で、ここでも競合となる。地元埼玉の選手とあって、特に西武が熱心で、「地域密着は最優先事項」(鈴木葉スカウト部長)と他球団をけん制している。
 182センチ、79キロのがっちりした体で、スリークオーターと横手の“中間”の位置から149キロの剛球と切れのよいスライダーを投げ込む。ヤクルトの小田スカウト部長は「潜在能力ではピカイチ」と褒める。増渕の母親・洋子さんがヤクルトレディ(販売員)。獲得に向けての好材料にもなっている。大学進学を勧める周囲の意見を押し切り、女手一つで育ててくれた母に恩返しするためにプロ入りを決意した右腕だ。希望球団は、母がいつでも応援にこられる「関東の球団」というが、現時点では増渕の希望はかないそうだ。

巨人、15歳149キロ!台湾の怪物右腕獲得

A250050.jpg

巨人が、台湾の怪物右腕を獲得することが分かった。台湾・台中西苑青少年野球に所属する林ー豪投手で、まだ15歳ながらMAX149キロをマークする逸材。大リーグ数球団との競合の末、育成選手として契約する運びとなった。台湾ではヤンキースの王建民2世との呼び声が高く、将来のエース候補として、じっくりと育てていく方針だ。
 ペナントレースが終盤に差し掛かり、Aクラス入りへ向け奮戦中の原巨人が、水面下で未完の大器の発掘に動いていた。関係者の話を総合すると、この日までに台湾人投手の林と契約することが判明したが、その経歴は驚くものばかりだった。
 林はまだ15歳ながら、この3年間で身長は20センチ伸びて187センチ、体重79キロとプロ野球選手顔負けの立派な体格を誇る怪物右腕で、すでにMAX149キロを投げる末恐ろしい逸材だった。Rソックスなどメジャーリーグ数球団も触手を伸ばしたが、競合の末、巨人が育成選手として契約するメドが立った。
 地元・台湾では投球フォーム、体格ともに少年のころの王建民にそっくりと評判で、本人も「いつかは王建民を超えたい」と大志を抱いているという。今年5月の地元の大会、謝国城カップで149キロの速球を投げて注目を集め、初めてジュニアの代表に選ばれた。先日までインドネシアで開催されたアジアジュニア選手権に参加。まだ粗削りだが、潜在能力の高さは計り知れない。
 巨人は今年1月に台湾プロ野球・誠泰コブラズの中本茂樹前投手コーチをアジア地域担当スカウトとして契約し、駐在として台湾などに派遣していた。また、今年は中国人野手3人を育成枠で獲得するなど、積極的にアジア選手の獲得に動いていた。今回の15歳右腕獲得は、アジア戦略の一環ともいえる。
 まだ15歳ということもあり、巨人では特別コーチを付けることも検討している。野球以外でも、高校課程を通信教育で受けさせ、社会人教育もしっかりと行っていく方針だという。現在は姜が8月後半から先発ローテーション入り、すでに3勝を挙げる活躍を見せ、台湾投手が脚光を浴びている。第2の姜、そして日本の王建民へ。将来の巨人投手陣の大黒柱として、その期待は大きく膨らんでいく。

辻内抜てき!超一流への登竜門…ハワイ・ウインターリーグ

A250042.jpg

巨人・辻内崇伸投手が10月1日から米国のハワイ・オアフ島で行われるウインターリーグに参加することが8日、分かった。世界各国の若手が集まる舞台に派遣して技術、精神力を磨くことになったもの。これまでマリナーズ・イチロー外野手ホワイトソックス・井口資仁内野手らが参加し、大飛躍のきっかけとなった同リーグで、黄金ルーキーを未来のエースに育てるのが狙い。近日中に派遣される6選手が正式発表される。
 黄金ルーキーが海外へ武者修行の旅に出る。10月1日から約40日間にもおよぶハワイ・ウインターリーグに他の若手5選手とともに参加する。9月下旬に出発。常夏の島で心身を鍛え直す。
 鳴り物入りでプロ入りしたMAX156キロ左腕だが、今季ここまで1軍戦出場はなし。イースタン・リーグは11試合に登板し3勝3敗、防御率4・62という成績。変化球の制球力など技術面の課題が残るほか、6月末には左肩関節の周囲炎と診断されるなど、決して思い通りにはいかない1年目シーズンを送っている。
 未完の大器には、どんなオフがふさわしいのか。チームは国内での秋季キャンプ、2軍主体のフェニックス・リーグへの帯同なども検討した。だが将来のエース候補は、もっと長期的な視野に立ち、大きく育てるべきという結論になり、当初は対象外だったハワイへの派遣が決まった。
 ハワイはビッグスターへの階段を駆け上がる原点の地だ。93年秋の同リーグにオリックス・イチロー(現マリナーズ)が参加し打撃フォームのヒントを得たとされる。翌94年から首位打者などのタイトルを総ナメにし、今やメジャー屈指の1番打者だ。
 他にもダイエー・井口(現Wソックス)、城島(現マリナーズ)、松中(現ソフトバンク)、さらにはジオンビー(ヤンキース)までもハワイから世界へ羽ばたいた。
 若手の登竜門となってきた同リーグは再開1年目の今年も国際色豊か。台湾、韓国のほか、メジャーを夢見てハングリー精神をむき出しにする米国1A、2A選手らも集結する。チームからは斎藤雅樹投手コーチが同行するものの、食生活や健康管理はあくまでも自ら行わなければならない。自分で考え、行動し、主張することで「エース学」を身につけさせる。すべてはG投の主役となって東京ドームを沸かすため。ハワイで流した汗は、若き左腕を将来のエースに変えてくれるはずだ。
 ◇ハワイ・ウインターリーグ ハワイ・ウインターベースボール協会が、今年10月1日から11月21日まで、4球団(東部=ワイキキとホノルル、西部=ノースショアとウエストオアフ)総当たりで各チーム40試合ずつ、11月22日にリーグ優勝決定戦を行う。日本の各球団が派遣する選手のほかに韓国、台湾、中国、米国の1Aおよび2Aクラスの選手が参加予定。イチロー(マリナーズ)やジオンビー(ヤンキース)が参加した93年からホノルル、カウアイ、マウイ、ヒロの4球団で行われていたが、資金難などを理由に97年を最後に中断されていた。他には田口(カージナルス)や新庄(日本ハム)、桧山(阪神)らもプレーした。今回が9年ぶり復活となる。
 ◇巨人のウインターリーグ参加予定選手 辻内崇伸投手、加登脇卓真投手、木村正太投手、東野峻投手、加藤健捕手、亀井義行外野手

北朝鮮、ミサイル再発射の可能性…韓国聯合ニュース

A250014.jpg

韓国の聯合ニュースは政府消息筋の話として、北朝鮮が7月5日にミサイルを発射した同国南部の江原道安辺郡旗対嶺付近で最近、大型車両数台が動いているのを米韓情報当局が捕捉し、7月5日に続いてミサイルを再発射する可能性があると報じた。
 大型車両にミサイル発射台が装着されているかどうかは確認されていないものの、その可能性があるという。
 同筋は車両の動きについて、「情報当局はノドンやスカッド・ミサイルの発射準備の一環である可能性を排除していない」と述べた。北朝鮮は先のミサイル発射の際、同国北東部・咸鏡北道花台郡大浦洞(現名称・舞水端里)の基地から発射した長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の1発を除き、ノドンなど計6発を旗対嶺から発射している。
 同ニュースはまた、米韓軍当局が、ミサイル再発射の時期について、ワシントンで米韓首脳会談が予定されている今月中旬ごろに行う可能性があると見ていると指摘した。
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。