スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIDEの元エース桜庭、HERO’Sへ電撃移籍

060515_19.jpg

PRIDEのスター選手だった桜庭和志が、ライバルの総合格闘技イベントHERO’Sへの電撃移籍を表明した。早ければ、8月に行われる大会に初参戦する。
 今月3日、東京・代々木第一体育館であったHERO’S。覆面をかぶった桜庭が、リングに上がった。この時は正体を明かさず、翌4日、会見で移籍を発表。「HERO’Sは色々な選手がいて楽しそうと思った」と話したが、移籍理由を多くは語らなかった。
 中大レスリング部出身の桜庭は98年からPRIDEに参戦。グレイシー一族のホイラー、ホイスを相次いで破り一躍脚光を浴びた。トーナメントのGPシリーズなど、PRIDEには欠かせない存在だった。
 だが、桜庭は3月末、これまで所属していた高田道場を離れ、フリーの格闘家になった。移籍を決断したのは、5月に入ってからという。「PRIDEには感謝の気持ちしかない。両方のリングに上がりたい」と話す。
 一方、PRIDE側は動揺を隠せない。5日に大阪ドームであった無差別級GP開幕戦終了後、運営会社DSEの榊原信行社長は言った。「桜庭選手を家族のようなものと思っていた。僕個人は裏切られた思い」。開幕戦パンフレットの広告などには、桜庭の写真がまだ大きく載っていた。
 電撃的に見えた移籍騒動。インターネット格闘技マガジン「BOUT REVIEW」の井田英登編集長は「年齢的にも格闘技キャリアの最終コーナーに差し掛かった桜庭が、もう一花咲かせようと、新天地を考えたと思う」と背景を分析する。
 PRIDEのエースとして君臨していた桜庭だが、最近の戦績は下降線だった。ヴァンダレイ・シウバには3連敗。昨年のミドル級GPも2回戦で敗れた。
 井田氏は「85キロ級の目玉が少なかったHERO’Sにとって、人気のある桜庭選手の移籍は大きなインパクトになる」と話している。
スポンサーサイト

「オレの名前は亀田つくばや」…兄弟前線基地は筑波山

a200001.jpg

筑波山がオレらの強化基地や。茨城・筑波山で山ごもり合宿中のプロボクシングの亀田興毅、大毅=ともに協栄=が試合前後のベースキャンプ基地につくば市を指定した。今回の合宿での好環境に父・史郎さんが明言。つくば市側も今後、1000人規模の後援会を発足する計画で、つくば市のバックアップを受け、亀田が世界への道を突き進む。
 筑波山の澄みきった空気をいっぱいに吸い込んで興毅が叫んだ。「亀田とつくばはセットや!」都会から離れた山の緑。おいしい空気。抜群の環境に浪速の闘拳がほれ込んだ。史郎さんも「つくばは第2のふるさとや。これから試合前、後には必ずここに来る」。3兄弟の強化基地につくば市を指定した。
 後援者の紹介で今回初めてつくばでの合宿を決断した。これを受けて同市の有力者たちが全面的に支援。軍鶏とスパーリングを行った筑波山神社は境内に特設リングを設置。丸太切りとまき割りの場所は土木作業場が提供された。深夜の肝試しには廃校になった小学校を使い放題。まさに市を挙げての支援に興毅は「オレの名前は亀田つくばや」と感激した。
 関係者によると今後、つくば市側は後援会の設立を決定。メンバーには市原健一市長も名前を連ねるという。さらにロードワーク時には車両の通行止めまで検討するほどだ。「研究学園都市だけではなく亀田兄弟でさらなる町おこしができればうれしい」と筑波山神社の田所克敏権禰宜は話す。
 合宿2日目は市内の「そば処いだ」でそば打ちに初挑戦。店主の佐野良平さんは「教えたことをすぐにのみ込む感覚が素晴らしい」と絶賛。出来上がったのは太さ3センチのそばだったが「闘拳そばや。つくばに亀田そばいう店を出すわ」と、筑波にぞっこんだ。
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。